お餅のカロリーって意外と低い!?正月太りの原因って?

 

 

新年あけましておめでとうございます!

 

筆者は家でのんびりと年越しを迎えました。

 

1年に1回の大イベント、お正月。

 

お正月といえばお雑煮やおせち料理ですね。しかしお雑煮に入ってるお餅。もちもちしててとってもおいしいのに、太るからといって我慢していませんか?

 

お餅はよく太るといわれていますが、実はそうではないのです。

 

 

お餅の効能

 

お餅には炭水化物、脂質、タンパク質のほか、疲労回復に有効なビタミンB1、高血圧を予防してくれるカリウムなどが豊富に含まれている、栄養満点の食べ物なのです。

 

少し食べるだけでそれに見合う以上のエネルギーを摂取することができるのも魅力的ですね。また、体温を上昇させる働き高いので、寒い時期に食べるのは有効なんです。

 

 

実はカロリーは高くない

 

大きさにもよりますが、市販されている切り餅の2個分で、ごはん1膳よりもカロリーが少ないのです。お餅とお米一緒に食べますか?ほとんどの人は食べませんよね。

 

つまりお餅が太ると言われているのは、単純に食べ過ぎてしまうことにあるのです。

 

食べ過ぎれば太るのはどんなご飯でも同じこと。せっかくのお正月なんですから、ちょっとくらいお餅を食べたってなんの問題もありません。

 

 

お餅と一緒に食べるものを意識する

 

 

お餅はあんこやきなこなどの甘いものと絡めて食べたりしますよね。たしかにあんこやきなこはカロリーが低くはありませんので、つけすぎや食べ過ぎには注意が必要です。

 

お餅の個数も大切ですが、一緒に組み合わせるもののカロリーを意識しましょう。

 

そう考えるとお雑煮は、レンコン、ダイコン、ニンジン、里芋、椎茸、鶏肉、ホウレンソウやナルトなど、栄養たっぷりでそこまでカロリーも高くありませんし、体もあったまって最高の食べ物です♪

 

 

腹持ちがよく、間食防止になる

 

お米はもち米からできています。もち米は、ごはんに比べて粘り気が強いため、腹持ちを良くする効果があります。

 

いくら低カロリーな食事を意識しても、腹持ちがある程度良くなければ空腹感に負けて余分な摂取をしてしまうもの。低カロリーの意識も必要ですが、腹持ちの良さも意識することも必要です。

 

つまりお餅は、食べようによってはダイエットにも効果的なんですね♪

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

せっかくのお正月、あまりダイエットを意識しすぎておいしい食べ物が食べられないのはとても悲しいことです。食べ方や用量をきちんと意識すれば食べても決して太ることはありません。

 

おいしい食べ物とうまく付き合って、素敵なお正月を過ごしてくださいね♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年1月1日 | カテゴリー : ダイエット | 投稿者 : 最新美容・ダイエット.com