食事制限してるのに痩せないうっかりNG習慣3つ

 

ダイエットを心がけて食事の量を減らしているのに、なぜか「なかなか思うように痩せない……」と、お悩みではありませんか?

 

ダイエットの基本は、食べた分のカロリーよりも消費するカロリーを増やすこと。なので、食べる量に気を使っていても痩せない原因は、生活習慣にある可能性が!

 

食べる量を減らしているのになかなか痩せない女性のNG生活習慣を3つご紹介しましょう。

 

飲み会によく参加してる

 

nomikai

 

ダイエット中でも、お付き合いはありますから、社交の場としての飲み会は行きたいですよね。

 

しかし、飲み会に参加すると自炊する場合よりも多くのカロリーを摂取してしまう人が多いんです。

 

居酒屋などでは自分以外の人が注文して、揚げ物が多くなってしまったり、お洒落レストランではコース料理を食べたりと……“痩せたい”と思っても、ひとりだけ料理を食べないわけにはいかないというケースもあります。

 

自宅やランチで量をコントロールしても、飲み会参加が多いだけで痩せにくくなっている人は意外といます。

 

 

タクシーを使うことが多い

 

20130215003148_511d03648db1f

 

食べる量を減らすと、体力の低下を感じ疲れやすくなる人もいるのではないでしょうか。

 

今までよりも体内のエネルギーが少なくなると、それだけ動くのが億劫になりますよね。そんなときに、タクシーを利用する頻度が増えると本末転倒です。

 

「こんなに食べる量を減らしているのに、体が疲れる上に痩せないなんて……!」とお嘆きの人のなかには、「あ、そういえばタクシー使ってる……」と心当たりがあった人が何人もいました。

 

体の疲労感が増すほど、無理な食事制限をするのは逆効果になる可能性もあるので、注意が必要です。

 

 

寝る時間が遅い

 

fc48e3bc7f4ae9b8e7dd2889c892e4cf

 

食事の量を減らすと脳がスッキリし、覚醒した感覚になりませんか? 頭がスッキリとした感覚になるため、ダイエット前より眠る時間が遅くなったという人もいます。

 

しかし、睡眠時間が十分じゃないと、“やつれて痩せて見える”ため、「少々遅く寝た方が、もっと痩せるかも?」なんて勘違いしてしまい、不規則な生活習慣になってしまう人も。

 

起きている時間が長ければ、食欲を増進させるホルモンも増えます。そのせいで、食べる量が増える可能性も。どんなにカロリーの低い食べ物でも、食べていることには変わらないので、思うように痩せない原因になっている場合があります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ダイエットの基本は、消費カロリーを摂取カロリーより増やすことですが、日々の生活のなかにはちょっとした落とし穴も潜んでいます。

 

「食事に気をつけているのに、一体どうして痩せないの!?」と思うならば、生活習慣を振り返ってみましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月19日 | カテゴリー : ダイエット, 健康 | 投稿者 : 最新美容・ダイエット.com