超悪玉コレステロールの危険性

137654

 

コレステロールって?

 

食事に関するキーワードでよく聞くコレステロールみなさん身体に悪いものだと思っていませんか?コレステロールは人間の体内で細胞やホルモンを作るためにとても重要なものです。

 

悪玉コレステロール(LDL)という言葉をよく聞きますよね、悪玉コレステロールの値が高い人ほど、心筋梗塞や脳梗塞が発症する可能性が高いと思っていませんか?

 

しかし実際は、心筋梗塞や脳梗塞の発症した人の中には悪玉コレステロールの値が正常範囲の方が多くいました。じゃあ結局関係ないのか?そうではありません。実は最近この原因が徐々に明らかになってきました。

 

超悪玉コレステロール

 

悪玉コレステロールの値が正常値でも異常でも、実質心筋梗塞や脳梗塞の発症率のデータではその差は曖昧です。実は悪玉コレステロールの値がすべてというわけではなく、悪玉コレステロールの大きさがポイントだったのです。

 

心疾患を起こした方の悪玉コレステロールを調べてみると、通常の悪玉コレステロール粒子が多い人よりも、粒子が小さい小型の悪玉コレステロールを多く持つ人は心筋梗塞などを引き起こす確率が約3倍も高いことがわかってきました。

 

そのため、小さい粒子の悪玉コレステロールを、超悪玉コレステロールと呼ばれています。

 

超悪玉コレステロールは小さいため、血管壁などに侵入しやすく、肝臓に吸収されにくいため血液中に長くとどまりながら酸化されて、動脈硬化の原因となります。

 

悪玉コレステロールが多い人の中でも、超悪玉コレステロールの量が多い人ほど、心疾患を引き起こす可能性が高くなるのです。

 

 

特に注意しなければならない点

 

悪玉コレステロールが小型になる理由は実はまだ正確にはわかっていません。

 

しかし一般的には、心疾患を引き起こしたことがある人や肥満の人、血圧や血糖値、中性脂肪の値が高い人、生活習慣病をいくつか合併発症している状態の場合、超悪玉コレステロールを多く持っているので注意してください。

 

 

超悪玉コレステロールを減らすには?

 

超悪玉コレステロールが増える最大の原因、それはズバリ!中性脂肪です。なので、血液中の中性脂肪を減らすことが最重要です。毎日のバランスの良い食事や運動を心がけるようにすることが最も大切なことです。

 

 

危険度チェック

 

□お酒をよく飲む

 

□ジュースやお菓子をよく食べる

 

□夜食をよく採る

 

□間食をする

 

□寝る前に食事をする

 

□運動不足

 

□野菜嫌い

 

 

上記に4つ以上チェックが入った方は要注意!生活の見直しが必要です。

 

運動といっても、ウォーキングなどの継続的な運動よりも、毎日30分ほどの軽い運動を意識的に行うほうがおすすめです。また、喫煙は超悪玉コレステロールを酸化させます。できれば禁煙していただきたいところですが、簡単には無理ですよね。しかし意識的に1日の本数を減らすように心がけてみましょう。

 

 

超悪玉コレステロールは動脈硬化などを引き起こし、最悪の場合死へと繋がってしまう場合もあります。仮に助かっても、後遺症が残ったりする場合もあります。ぜひこの記事を参考にして、自分の身体を労わってあげてください。

 

超悪玉コレステロールを減らすことは、ダイエットや健康にもつながります。

 

自分は関係ないと思わず、一度自分の生活習慣をチェックしてみてくださいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月2日 | カテゴリー : 健康 | 投稿者 : 最新美容・ダイエット.com